ブログCX-5で行こう

マイナーモデルチェンジ後の2015年型 CX-5に関するレビュー、口コミを中心にお伝えするブログです。

CX-5バックカメラの評価

次に車を買うときは必ずつけると決めていた機能の一つが、駐車する際に後方を映してくれるバックカメラ。

CX-5 PROACTIVEでは、標準でついており、その使用感を書きます。

バックカメラの使用感

正直、期待が高かった分評価は低めです。もちろん、最低限の機能として、後方が見えて、障害物が無いかはわかります。

が、個人的に残念に思う点は、タイヤの軌道予測が表示されない点です。

その為、機械式駐車場などで、ガイドの轍があっても、タイヤがどの辺りを通るかがわかりません。

もちろん、そんなの無くてもミラーを見れば良いだけなので駐車はできますが、バックカメラがつくことで相当駐車が楽になる事を期待していた分、残念です。

私の機械式の駐車場では、CX-5の場合、ガイドの轍とタイヤの外形の隙間が3〜5センチくらいで、相当シビアな駐車が要求されます。

また、前方の切り返しスペースも狭いので、斜めからガイドにタイヤを載せなければならないため、バックカメラにタイヤの軌跡が写らないのが本当不便。バックモニターだけではガイドに乗り上げてしまいます。

この辺り、純正外のバックカメラならガイドが出るのにと思うと、なんか残念。

この点だけは非常に不満です。

ただ、後ろの壁とかは見えるので、少しは楽にはなっているのは確かです。

そして、フロントモニターも欲しかった。とにかく、駐車でぶつけると数万円は軽く飛ぶので、オプションがあれば最初に5万円位払ってでも楽になる仕組みをつけたいと思っていました。