読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログCX-5で行こう

マイナーモデルチェンジ後の2015年型 CX-5に関するレビュー、口コミを中心にお伝えするブログです。

運転マナーを改めて感じる

昨日、運転していた時の事です。

いつもなら計算できる道路が、何故かものすごい混んでいて、全く車が動かない。

信号のある交差点の30〜40メートルくらい手前から停止して、6回目位の青信号でやっとその原因がわかりました。

信号機待ちの一番前のレクサスがエンストか何かを起こして停まってしまっていたのです。

右折レーンがあるのでそこをうまく活用して避けられなくも無いのですが、ハザードしか出していないので、後ろからやってきた車は何が何だかわからない。

さらに悪いことに、バスが数台おきにいたので、後ろの車が、全体的な流れを理解できないのです。

で、バスが右折レーンから赤信号ギリギリで渡った後は、後ろの車がレクサスにベタ付きして、その後ろに数台がベタ付きになり、右列レーンも徐々に埋まってきて、次の青信号に。

2台目の車は、『なんでレクサスが動かないの?』と気づいたときには時すでに遅しで、右折レーンに避けられないから、右折レーンの状況によっては、信号変わっても一台も動けないと言う状況になってました。

私が通過する時に、レクサスには大人2人が悠々とタバコを吸って乗っていました。

せめて1人が気を利かせて、後続車を誘導するとか、手前に非常灯などを置くとかできないのかなぁと。

運転手が乗っているから、余計に後ろの車は『間違えてハザード付けているのかな?』と思ってしまいます。

後ろから見ると、信号の一番前で、道の真ん中に楽しそうに話をしながら運転手が乗っている車なので、まさか、故障してるなんて誰も思わない。。

レクサスに罪は無いですが、なんかレクサスの品を落とす感じがしました。

自分も、変な運転をしてCX-5の品を落とすような事はしないようにしたいなと思いました。