ブログCX-5で行こう

マイナーモデルチェンジ後の2015年型 CX-5に関するレビュー、口コミを中心にお伝えするブログです。

CX-5メーカー純正のサンシェードの評価

夏場を迎えるにあたり、サンシェードを購入しました。今回はそのサンシェードについて、評価をお伝えします。

サンシェードの比較対象

今回、購入するにあたり、

  • 国産マツダ純正CX-5サンシェード
  • USマツダ純正CX-5フロントウィンドウサンシェード
  • 市販品のサンシェード

3つのサンシェードを比較しました。

ウィッシュの時は、市販品のアルミシート素材のジャバラ式(折りたたみ式)のもので、バイザーに挟んで利用するものでしたが、直ぐにへたって落ちてしまい、固定ができませんでした。そして全く効果を発揮しなかったので、今度購入する時は、しっかりしたものを購入しようと思っていました。

あと、ドライブレコーダーが付いているので干渉しないようなものを探していました。

国産マツダ純正のサンシェード

国産マツダ純正のサンシェードは、9750円とお値段が高めです。

最近流行りのアウトドアテントのようにひねってたためるタイプで、収納時は小さくなります。

たたんだときのサイズはこんな感じです。 f:id:cx5blog:20150628100137j:plain

結論としては、この国産純正を購入したのですが、サイズは純正だけあってピッタリはまります。

U.S.マツダ純正のサンシェード

最初に購入しようと考えていたものが、U.S.マツダ純正のサンシェードです。

(USマツダ) Mazda CX-5 CX5 フロントウィンドウ・サンシェード (車用サンシェード/日よけ)(並行輸入品)

シルバーでインパクトがありかっこいい。そして純正だからサイズもピッタリでしっかり固定できそう。

欠点は以下3点。

  1. 値段が13,000円前後と高め。
  2. 折りたたんだ時に場所をとる。
  3. ドライブレコーダーと干渉しそう。

特に保管時に場所をとるので、助手席に置くには大きく、トランクに入れるとなると運用上大変になると思いやめました。

市販品のサンシェード

市販品で良さそうだったのが、cretom(クレトム)エクセレントシェード

価格は4,000円前後と安め。国産マツダ純正の廉価版的な感じ。サイズはピッタリではないが、落ちない程度に合っていて、たためるので場所はとらない感じ。

ただ、見た目が安っぽい。。。

サンシェードって結構目立つので、なんかスタイリッシュにしたい。CX-5は、外観がスタイリッシュなので、この安っぽさは個人的には受け入れ難くやめました。

あと半分の値段を追加すれば純正のスタイリッシュなサンシェードが購入できるので長い目で見たらここで出し惜しみすると後悔しそうで。

国産マツダのサンシェードの使い勝手

本当は、サンプルがあれば購入前に試したかったのですが、ディーラーに聞いても無いとの事で、純正だから大丈夫だろうと信じて購入。

使用感は、まだ数回ですが、やはり純正だけあって、サイズがピッタリで良いです。

取り付け、取り外しも思ったより簡単です。広げると大きいので扱いずらいかなとも思ったのですが、折りたたみ式テントに慣れているせいもあり、あまり苦になりませんでした。

そして、ドライブレコーダの干渉もほぼ大丈夫です。本当、上手い作りになってますね。

外から見た感じ

なかなかすっきりしています。ドライブレコーダーにも特に干渉する事なく取り付けられます。何より、へたって落ちてこないのがよいです。

中から見た感じ

写真はサンバイザーで挟んでありますが、サンバイザーに挟まなくても全然大丈夫です。というか、最近は、サンバイザーは使ってないです。

保管時

折りたたんで、助手席のポケットの部分に入れています。

コンパクトにたためるので良いですね。

2015/07/21追加 梅雨も明け、本格的に暑くなってきました。サンシェードが大活躍です。

きっちり止まりますし、たたむのも楽なのでなかなか良い感じです。

広げる時、少しですが裏表で迷うかな。

でも、この時期は本当サンシェードは必須ですね。